記事詳細

日米韓3カ国次官共同会見中止 韓国の警察庁長官による竹島上陸が影響か

 日本と米国、韓国の3カ国は17日、外務次官協議を米首都ワシントンの国務省で開いたが、協議後に予定していた共同記者会見は急遽中止となった。単独で記者会見したシャーマン米国務副長官は日韓で「意見の不一致があったため」と説明した。

 16日に韓国の警察庁長官が、同国が不法に占拠する島根県・竹島に上陸したことに、日本政府が強く抗議したことが背景にあるとみられる。

 次官協議にはシャーマン氏のほか森健良外務事務次官、韓国の崔鍾建(チェ・ジョンゴン)外務第1次官が出席、米国務省によると、北朝鮮の核・ミサイル開発への対処や朝鮮半島の完全な非核化に向け、緊密な連携を確認したという。

 シャーマン氏は会見で、日韓の意見の不一致について「協議とは関係がない」と述べるにとどまった。