記事詳細

早紀江さん「言葉に表せない焦燥感」 横田めぐみさん拉致から44年、被害者家族の高齢化進む

 1977年に中学1年の横田めぐみさん=失踪当時(13)=が新潟市内から北朝鮮に拉致され、15日で44年となった。母の早紀江さん(85)=代表撮影=がこのほど、報道陣の取材に応じ、「連れて行かれたまま何も分からない。言葉に表せないほどの焦燥感だ」と声を絞り出すように語った。

 早紀江さんは、陶器製のペンダントと小さな焼き物を公開。ペンダントは山口県萩市への家族旅行で、めぐみさんが作ったもの。焼き物は別の機会に「お母さんが好きそうな色でしょ」とお土産に買ってきたという。早紀江さんは「いつも朗らかで、にぎやかな子だった」と表情を和らげた。

 拉致被害者家族の高齢化が進み、昨年6月、父の滋さんが87歳で亡くなった。拉致と判明後も首相が何人も代わり、早紀江さんは「岸田文雄首相が最後だと思っている。日朝会談をぜひ実現してほしい」と力を込める。

 めぐみさんには「家族はみんなめぐみちゃんを愛している。病気にならないように気を付けて。待っているから」と語り掛けた。

関連ニュース