記事詳細

外国人にも“投票権” 武蔵野市長「住民投票条例案」提案へ 留学生や技能実習生らも日本人と同一条件で

 武蔵野市の松下玲子市長は12日、外国人と日本人を区別せずに投票権を与える住民投票条例案を19日開会の市議会に提案することを発表した。外国人参政権の代替として利用されかねないとする市民の懸念には「論理の飛躍だ。同姓でも離婚する人がこれだけいる中、夫婦別姓制度を実現すると『家族が壊れる』と言っている人に似ている」と説明した。

 条例案では、市内に3カ月以上住んでいる18歳以上の日本人と定住外国人に投票権を認める。留学生や技能実習生らも含め、日本人と同一条件で投票権を付与する条例は全国3例目とみられ、松下氏は「市民自治の推進が期待できる。市民参加の手法の一つであり、外国籍住民を対象から除くことに合理的な理由は見いだせない」と述べた。

関連ニュース