記事詳細

「台湾情勢緊迫、北京五輪前後が危ない」米軍以外で初、海自が豪軍艦を「武器等防護」 クアッド、来春日本開催で調整 (1/2ページ)

 海上自衛隊の護衛艦が今週、オーストラリア海軍フリゲート艦と共同訓練を行った際、安全保障関連法に基づく「武器等防護」を実施した。米軍以外を対象とした実施は初めて。来年春には、日本と米国、オーストラリア、インドによる戦略的枠組み「QUAD(クアッド)」の首脳会談を日本で開催する方向で調整が進められている。軍事的覇権拡大を進め、台湾への野心を強める中国を牽制(けんせい)する狙いのようだ。

 「日本とオーストラリアの部隊間の相互運用性が向上した。両国の防衛協力にとり、極めて重要な進展だ」

 防衛省関係者は、こう語った。

 海上自衛隊の護衛艦「いなづま」と、オーストラリア海軍のフリゲート艦「ワラマンガ」が10~12日、四国南方の太平洋上で共同訓練をした際、武器等防護が実施された。武器を使用する事態は生じなかった。

 武器等防護は平時から他国の艦艇や航空機を守る活動で、2016年の安保法施行で、自衛隊の新たな任務となった。日本はオーストラリアを「準同盟国」と位置付けている。

 安全保障環境が厳しくなるなか、日本は日米同盟を外交・安全保障の基軸にしながら、自由主義諸国との協力関係を強化している。

関連ニュース