記事詳細

【菊池雅之 最新国防ファイル】ドイツ海軍艦艇が20年ぶり来日 フリゲート「バイエルン」 インド太平洋の平和が使命 (1/2ページ)

 11月5日、ドイツ海軍のフリゲート「バイエルン」が、東京都江東区にある東京国際クルーズターミナルに入港した。

 ドイツ海軍艦艇の来日は、2002年6月28日、フリゲート「メクレンブルク・フォアポンメルン」と、同「ラインラント・プファルツ」が、東京・晴海埠頭(ふとう)に入港してから、約20年ぶりとなる。

 ちなみに、2隻は当時、士官候補生を対象とした遠洋練習航海中だった。日本に立ち寄ったのは日韓共催「サッカーW杯」(5月31日~6月30日)があったからで、韓国・仁川(インチョン)にも入港している。入港中にドイツとブラジルによる決勝戦が行われ、ドイツは準優勝した。

 今回の「バイエルン」入港の目的は、前回のような平和的メッセージを発するためではない。「インド太平洋地域の平和と安定」を目指し、関係諸国と連携を強化することにある。この平和と安定を脅かす存在こそが、中国である。

 同じ目的で今年、英国やフランス、オランダなど、ヨーロッパ各国の海軍艦艇が多数来日した。ただ、ドイツはそれらとは一線を引き、明確な「中国包囲網」には加わらない姿勢も見せた。ドイツのアンゲラ・メルケル首相が、中国偏重ともいえる立場を取ってきたからだ。

関連ニュース