記事詳細

韓国から“竹島奪還”自衛隊の隠岐常駐を 主権意識薄い日本人へ「国境の島々の危機」 歴史学者・久野潤氏が緊急リポート (1/3ページ)

 日本固有の領土ながら、韓国の不法占拠が続く島根県・竹島(隠岐の島町)について、岸田文雄首相は9月の自民党総裁選で、「領土、領海、領空を断固として守るのは政治の重大な責任だ」といい、島嶼(とうしょ)防衛強化の検討を進める意欲を示した。竹島は、島根半島の北方、日本海に浮かぶ隠岐諸島に属する。隠岐の人々は「奪われた領土」や「国境の島々の危機」を、どう受け止めているのか。岸田政権や国民に何を期待するのか。隠岐を訪ねた歴史学者の久野潤氏が緊急リポートした。 

 

 筆者は10月中旬、隠岐を訪ねた。夕刊フジで6月に集中連載した「承久の変と令和」でも紹介した後鳥羽天皇を祀る隠岐神社(同県海士町)で、「後鳥羽院遷幸八百年記念大祭」が斎行(16日)され、これに招待されたのだ。

 到着した隠岐空港からバスで西郷港へ行くと、「竹島は今も昔も隠岐の島」という大きな横断幕が掲げられていた。歴史や国際法を無視して、不法占拠を続ける隣国だけでなく、主権意識の薄い日本人に対するメッセージのようにも思えた。

 地元選出の吉田雅紀県会議員(63、自民党、当選2回)はこれまで、「国境の島・隠岐」という意識を強く持ち、厳しい国際情勢を島民らに訴えてきた。竹島や隠岐への思いを語った。

 「2月22日の『竹島の日』は、島根県議会が条例で制定した。記念式典には毎年、政務官クラスが出席してくれるが、大臣クラスは来てくれない。国として断固たる姿勢を見せてほしい。2019年1月、北朝鮮漁船が隠岐の島町に漂着して、4人が上陸する事件もあった。国境の島を守るため、県としては『自衛隊の隠岐常駐』を求めているが、駐在員事務所しかない。心許ない」

関連ニュース