記事詳細

金正恩「身内も処刑」の震撼情報…裁判後、即時執行 (1/3ページ)

 2011年12月17日、金正日総書記が急逝したことによって始動した金正恩政権はもうすぐ発足から10年となる。この間の歩みの中で、特筆されるべきはその無慈悲な粛清政治だ。

 金正恩氏の本格的な粛清政治は2013年から始まった。叔父の張成沢(チャン・ソンテク)元朝鮮労働党行政部長の側近らが処刑場に送られ、続いて張氏本人と、彼に連なる人々が処刑されたり政治犯収容所に送られたりした。

 彼が処刑された後、愛人だった元トップ女優も粛清されたと言われる。

 (参考記事:【写真】女優 キム・ヘギョン--その非業の生涯

 一節に、その数は1万人にも達すると言われる。

 「妻の同僚」も犠牲

 張成沢氏は、金正恩氏の祖父で北朝鮮の初代指導者・金日成主席の娘である金慶喜(キム・ギョンヒ)氏の夫、すなわち金日成氏の娘婿であり、金正恩氏の叔父にあたる。金正日総書記からの信頼も厚く、若い金正恩氏を支える後見人として、不動の地位を固めたと見られていた。

 しかし2013年12月18日、平壌で開かれた朝鮮労働党政治局の「拡大会議」の最中、名指しで「反党・反革命分子」と批判され、その場で逮捕・連行された。

デイリーNKジャパン

関連ニュース