記事詳細

初紹介の和歌山からは二つ星2店が選出 「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山2022」22日に発売

 レストランなどの格付け本「ミシュランガイド京都・大阪+和歌山2022」で、初紹介となる和歌山県からは、岩出市のレストラン「ヴィラ・アイーダ」と和歌山市の「鮨義心」の2店が二つ星に選ばれた。日本ミシュランタイヤ(東京)が19日、発表した。

 三つ星は京都と大阪で計9店と昨年から1減だったが、京都市の日本料理の「瓢亭」と「菊乃井本店」は13年連続の三つ星評価。二つ星には大阪市の「ぬま田」(天ぷら)が新たに選ばれた。

 フードロスの削減など「食の持続可能性」に熱心に取り組む「グリーンスター」も3府県で14店選出。大阪府吹田市の三つ星店「柏屋」(日本料理)のほか、二つ星のヴィラ・アイーダも畑で野菜や果物を無農薬で作っていることが評価され、選ばれた。ガイドは22日発売。

関連ニュース