記事詳細

最新AI技術駆使、アダルトビデオのモザイクを無修正に加工 43歳の男逮捕

 “モザイクの向こう側”へ行こうとしたのか。京都府警は18日、人工知能(AI)を使用してアダルトビデオ(AV)のモザイク部分を加工し、無修正のような動画を作ったとして、著作権法違反とわいせつ電磁的記録陳列の疑いで、兵庫県の自営業、中本正幸容疑者(43)を逮捕した。「金銭目的だった」と容疑を認めているという。

 府警によると、中本容疑者は低解像度の不鮮明な画像から高解像度の画像を生成するAI技術「TecoGAN(テコガン)」を活用した動画編集ソフトを使っていた。モザイクを認識したAIが見えない部分を自動的に補い、無修正に見える精巧な動画を作り出していた。

 中本容疑者は自分のサイトで「モザイクをなくし、クリアな動画を楽しみましょう」と宣伝。注文を募り、市販のAVを加工した動画を販売していた。昨年12月から今年8月ごろ、延べ約1万2000点の動画ファイルを販売し、計約1100万円を売り上げたという。

 逮捕容疑は1月9日、AVのモザイク部分を編集した動画を作って制作会社の著作権を侵害した上、自身のサイトに見本の「サムネイル画像」10枚を公開した疑い。

関連ニュース