記事詳細

コロナの波「2カ月周期説」本当か 理論上では年末に「第6波」 識者「学者の間で指摘も…ワクチンの効果など否定するものではない」 (1/2ページ)

 国内の新型コロナウイルス感染者が急速に減り続けるなか、感染の波が2カ月ごとに増加と減少を繰り返す「2カ月周期説」が話題だ。これが事実なら、感染者が今月にも底を打って増加に転じた場合、年末にかけて「感染第6波」が来ることになるが、信憑(しんぴょう)性はあるのか。

 10日の東京の感染者は60人、全国で553人といずれも今年最少。専門家らが明確な根拠を示せないまま減少が続く。

 感染の波について、「2カ月周期説」を伝えたのは米紙ニューヨーク・タイムズ。2019年末の流行開始以降、感染が約2カ月間急増し、その後、約2カ月間減少するというものだ。世界的な患者数は今年2月下旬から4月下旬にかけて増加した後、6月下旬まで減少。8月に再び増加しており、増減の波は「人間の行動が明らかに変化していない時にも発生している」と報じた。

 日本の動向はどうか。昨年の「第1波」は4月中旬にピークとなり、6月にかけて減少したが、8月中旬に「第2波」が再来。10月にかけて減少した後、年末にかけて上昇に転じた。

関連ニュース