記事詳細

金正恩のミサイル連射に「国民の反感は爆発寸前」…米メディア報道 (1/2ページ)

 北朝鮮がミサイル実験、核実験、軍事パレードなど軍事力を見せつける行為を行い、人民が喜びの声を上げ大会を開き、国営メディアがそれを伝える。今まで何度も繰り返されてきた流れだ。

 2016年2月の長距離弾道ミサイル「光明星4号」の発射実験の後、首都・平壌では数十万人の市民が動員され、関係者を歓迎するパレードが行われ、2017年9月の大陸間弾道ミサイル(ICBM)搭載用の水爆実験では、全国各地で軍民慶祝大会が開かれた、と言った具合だ。

 (参考記事:北朝鮮各地で「水爆実験成功」を祝う大会

 これらを歓迎する声が全くのウソというわけではなく、実際に喜んでいる人も存在するが、日々の生活に追われている多くの人々は冷ややかな目で見つめている。先日行われたミサイル発射実験についての北朝鮮国内の反応を、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。

 (参考記事:「かっこいい」「あきれた」軍事パレードに反応様々【北朝鮮国民インタビュー】

 両江道(リャンガンド)の情報筋によれば、先月28日に行われたミサイル発射実験について、中央は「帝国主義勢力に抗い国防分野でまた一つの大きな成果をあげた」と宣伝しているが、現地の雰囲気は冷淡だという。

 北朝鮮では現在、1990年代の大飢饉「苦難の行軍」の再現すら懸念されている状況だ。

 (参考記事:美女2人は「ある物」を盗み公開処刑でズタズタにされた

 そのような中、住民の間では「経済難で日々暮らすのが大変な状況で、ミサイルを撃ち続ければ国際社会の反発による経済制裁によって、経済状況が最悪の状況になりうる」という懸念の声が上がっていると伝えた。

デイリーNKジャパン

関連ニュース