記事詳細

新型コロナ感染者数が減少、果たして何が効いたのか? 東京大の仲田准教授ら12月には1万人超え試算も…人々の危機意識次第 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの新規感染者数が減り続けている。「五輪で気が緩む」「人出が減らない」「デルタ株でワクチンの効果が減少する」など懸念材料が山積し、9月には感染者が激増するという試算もあったが、現状は真逆の結果だ。果たして何が効いたのか。

 東京都の14日の新規感染者は1004人で、前週の同じ曜日を23日連続で下回った。8月13日の5773人から約1カ月で5分の1以下の水準となった。緊急事態宣言が延長された他の道府県も8月下旬以降、減少傾向をたどっている。

 感染第5波については「ピークがみえない」という声が多かった。東京五輪・パラリンピックは無観客で開催されたが「気の緩みを招く」と悪者にされた。

 都のモニタリング会議では、都内の繁華街の滞留人口がお盆明けの8月22~28日に昼間・夜間ともに増加したと警告されていた。また、感染力の強いデルタ株により感染予防効果が低減するとの見方もあった。

 こうした多くの予想を裏切って感染者が減ったのは結構なことだが、理由が分からないままでは、今後の感染対策に生かせない。

 減少の原因として考えられるのがワクチンの効果だ。少なくとも1回接種した人の割合が全人口の5割を超えたのが8月中旬だった。

関連ニュース