記事詳細

【菊池雅之 最新国防ファイル】パラ開幕で「ブルーインパルス」が都心飛行 次に見られるのは3度目の東京五輪か (1/2ページ)

 東京パラリンピックの開幕当日の24日、航空自衛隊のアクロバットチーム「ブルーインパルス」が東京都心を飛行した。国立競技場や代々木公園などの上空に、パラリンピックのシンボルマーク「スリーアギトス」にちなんだ、赤と青、緑のラインを描いた。

 防衛省が事前告知し、各メディアが報じたこともあって、多くの人々が都内各所からこのフライトを見守った。そして、みんなが撮影したブルーインパルスの写真がSNS上にあふれた。

 東京五輪開会式の7月23日にも、都内を飛行して新宿上空で五輪マークを描いた。五輪とパラで2回のフライトを実施したことになるが、厳密に言うと、それぞれ1回ずつ予行飛行が行われており、計4回、都内上空を飛行したことになる。

 今回のフライトを振り返ってみる。

 8月20日午後1時ごろ、ホームベースである松島基地(宮城県)を離陸した。最初に4機、続いて4機、最後に2機の順番で計10機が飛び立ち、入間基地(埼玉県)を目指した。第1陣の4機が到着したのは同1時40分ごろであった。

 入間基地周辺には、多くの人々が集まっていた。それに応えるかのように、第1陣は基地上空で白いスモークを引いた。着陸すると、今度はキャノピー(風防)を開け、手を振るファンサービスも見せた。

 そして、8月22日に予行フライトを実施した。雲は多かったが、場所によっては青空が顔をのぞかせていた。終わってみれば、本場よりもこの日の方が、天候が良かったことになる。

関連ニュース