記事詳細

デルタ株拡大で急増「家庭内感染」どう防ぐ? 確認しておきたい必要最低限の対策 専門家「食事の時間ずらすのがポイント」 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの「デルタ株」拡大で、家庭内感染が急増している。自宅療養者も増えるなか、家族全員感染の事例も後を絶たない。家庭内では徹底した感染対策に限界があるのも事実だが、最低限心掛けるべき対策を確認しておきたい。

 22日時点の東京都内の自宅療養者は2万4704人。療養先が決まっていない患者を含めると3万9000人を超えている。大阪府の同日時点の自宅療養者は1万3930人で、1707人が入院先などを調整中だ。

 都のモニタリング会議の資料によると、今月2~9日の濃厚接触者における感染経路は同居(家庭内)が61・4%に上る。家庭全員の感染も増えている。都内では自宅療養していた夫婦と子供の家族3人のうち、糖尿病の基礎疾患がある40代の母親が亡くなる痛ましい事例もあった。

 家庭内感染の増加について、浜松医療センター感染症管理特別顧問の矢野邦夫氏は、デルタ株の影響も否定できないとみる。「昨年8月ごろに10~40%程度だった家庭内感染が今は70%程度になっており、家族全員が感染することも多い。今は症状の有無にかかわらず検査をする余裕がないため、感染者は公表数の1・5倍程度いる可能性もある」と指摘する。

関連ニュース