記事詳細

中国共産党100周年記念の習近平夫人創作オペラ ヒットに「当たり前」の声も (1/2ページ)

 中国では7月の中国共産党創設100周年を記念して、中国国立舞台芸術センターで30年ぶりに古典的な国民的オペラ「党の娘」が公演されたが、その後も中国各地で上演されるなど、大きな評判となっている。

 この「党の娘」は習近平国家主席の彭麗媛夫人が1991年の党創設70周年の際、創作したもの。今回の再演では党中央宣伝部を総動員するなど、かなりのアレンジを施しており、ネット上では「習近平主席の夫人が創作だから、ヒットして当たり前」などとの書き込みが目立っている。

 オペラ「党の娘」は1958年に中国で上映された同名の映画をもとに、1991年に、人民解放軍総政治部歌舞団の代表的な歌手だった彭氏が中心になって制作・上演した。

 1930年代に江西省にあった共産主義赤軍の本拠地が中国国民党軍に攻撃されたため、共産党軍は背走、残された共産党員の女性が、最終的に国民党軍に逮捕され、処刑されてしまうまでを描いている。オペラでは彭氏が主演で出演した。

NEWSポストセブン

関連ニュース