記事詳細

【ギモン解消!!ワクチン接種Q&A】中国製ワクチンの有効性に懸念、転換する国も

 中国の習近平国家主席は、新型コロナウイルスに関する国際フォーラムで、今年中に世界に対して20億回分のワクチンを提供することを明らかにした。ワクチン支援を通じて国際的な影響力を拡大させる考えとみられる。だが、感染力の強い「デルタ株」が猛威を振るう中、中国製ワクチンの接種が進んできた東南アジアのタイとインドネシアが欧米製を推奨し始めるなど、中国製の有効性を疑問視する動きも出ている。

 タイ政府は1回目に科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)製を接種した人に対し、2回目は英アストラゼネカ製に変更する方針を表明した。シノバック製で2回の接種を終えた人にもアストラゼネカや米ファイザー製を追加投与する。タイでは4~7月に計約67万7000人の医療従事者が優先的にシノバック製の2回接種を受けたが、618人がその後に感染、看護師1人が死亡した。同国政府は変更や追加投与の理由について、デルタ株への免疫を高めるためと説明しており、中国製の有効性には触れていないが、事実上疑問を示した形だ。

 インドネシア政府も、2回接種済みの医療従事者に3回目として米モデルナ製の追加投与を始めた。同国の医師会によると、1月以降に医師20人が1回以上接種していたにもかかわらず新型コロナで死亡した。一部がシノバック製を受けていた。

 シンガポールではシノバック製を承認していないが、民間診療所での希望者への接種は認めている。ただ、デルタ株への効果は未確認としている。

関連ニュース