記事詳細

中国選手、五輪表彰式で毛沢東バッジ問題 「IOC恐れるな」の声も (1/2ページ)

 東京五輪の自転車競技女子スプリント団体で金メダルを獲得した中国チームの選手2人が、表彰台で中国「建国の父」毛沢東のバッジを胸に着けていたことが波紋を呼んでいる。「政治的中立」をうたった五輪憲章に反する可能性があり、国際オリンピック委員会(IOC)が調査に乗り出したためだ。

 中国の国営中央テレビ局(CCTV)はこれを受けて、表彰式の再放送で、両選手の毛沢東バッジ部分をぼかすなどの映像処理をしていたことが分かり、中国ではネット上で「CCTVは何を恐れているのか?」「毛沢東主席がいなければ、新しい中国は存在しない。何も隠すことはない」などとの批判が巻き起こっている。

 問題視されているのは8月2日に、金メダルを獲得した鮑珊菊(23)、鍾天使(30)の両選手が毛沢東の横顔をかたどったバッジを胸に着けて、表彰台でメダルを受け取ったことだ。

 中国では表彰式の模様がテレビで生放送されると、両選手が胸の毛沢東バッジについて、「さすがに、中国人の誇りだ。毛沢東主席も君たちを激励しているよ」などとの書き込みが出るなど、喝采を浴びた。

 しかし、IOCのマーク・アダムス広報部長は翌3日の記者会見で、両選手の毛沢東バッジ装着が政治的中立を定めている五輪憲章に違反している可能性があるとして、「中国オリンピック委員会に対し、両選手の行為について報告するよう求めた」ことを明らかにした。

NEWSポストセブン

関連ニュース