記事詳細

【菊池雅之 最新国防ファイル】関東圏で唯一の輸送機部隊 第402飛行隊 (1/2ページ)

 航空自衛隊には、航空輸送任務を担当する3つの輸送航空隊と、政府専用機を運用する特別航空輸送隊が編成されている。

 入間基地(埼玉県狭山市)に所在する第2輸送航空隊は、所有機更新で生まれ変わろうとしている第402飛行隊を内包している。

 1958年10月、木更津基地(千葉県木更津市)において、「輸送航空団木更津訓練隊第402飛行隊」が新編された。その後、同部隊は「木更津航空隊」と改称され、68年5月、入間基地へと移駐した。これに伴い、部隊名は「入間航空隊」となる。

 これまで、各輸送機飛行隊は、輸送航空団の下に編成されていたが、78年の大改編により、第2輸送航空隊が誕生し、現在のかたちが作られた。

 空自創成期を支え、ともに成長し、現在に至るまで、数多くの訓練や災害派遣へと参加し、日本国内にとどまらず、海外の空をもかけ巡った。

 部隊発足当初、配備していたのは米軍供与の「C-46」だった。戦後初の国産旅客機として知られる「YS-11」も配備し、運用した。そして、国産輸送機「C-1」と、多用途支援機「U-4」の2機種へと変わった。

 2018年に部隊創設60周年を迎えるとともに、21年から、最新の国産輸送機「C-2」の配備が開始された。随時C-1は退役していき、C-2へと入れ替えていく計画である。現状、空自では唯一の3機種を配備する飛行隊となった。

関連ニュース