記事詳細

菅総理、メダリストへ直電話でイメージアップ作戦か でもメモ読んでいません? (1/3ページ)

 こういう時こそ、総理の生身の声で祝いたいものです。国会答弁ではないのですから。

 男子柔道60キロ級で高藤直寿選手がリオ五輪での銅メダルからの「復活」(あえてこういう表現をします)から、見事に「これが自分の柔道です」で金メダルを獲得しました。高藤選手は、泥臭いと言われた闘いぶりを「これが自分の柔道」と涙しながらの優勝コメント。そして、畳で正座して頭を下げる後ろ姿を「美しい」と感じる自分がいました。そう感じてしまったので仕方ないのです。

 因みに元ラグビー選手として言うと日本のラガーマンもグラウンドに入る際一礼して、飛び出して行く選手が多いのと退場する時も一礼する選手もいます。今後、そんな仕草も注目して頂ければと思います。

 金メダル第一号の高藤選手に菅義偉総理が直電で、お祝いを述べられました。

 気になった事を言います。菅総理が視線を度々、下に落とすのです。またメモか。そう思いました。名前を間違えてはいけないから仕方ない。そう解釈する人もいるようです。が、テレビで確認しましたが何回も何回も、でした。

 電話かけてから約7秒間、目を落として高藤選手のあいさつをして「総理大臣の菅です」と言います。ここは確かに名前間違いをしたら良くないですから、分かります。動画を見てみます。

 「東京五輪は北朝鮮ツアー」と化す 外国人ジャーナリストは「バブル」に収まらないのでは│青木理・プチ鹿島・久田将義 | TABLO

TABLO

関連ニュース