記事詳細

台風通過後に警戒、中国船の尖閣侵入 国連の五輪休戦決議も“無視” ケント氏「冬季五輪開催国とは笑わされる」 (1/2ページ)

 沖縄県・尖閣諸島周辺海域における、中国海警局船の航行が20日は確認されなかった。最長更新を続けてきた連続航行は157日で途切れた。台風6号の接近に伴い退避したとみられる。尖閣は日本固有の領土であり、有効に実効支配している。国連も東京五輪開幕を前に、世界中での紛争休止を求めた。台風通過後、平和を脅かしかねない中国の海警局船侵入への警戒が必要だ。

 第11管区海上保安本部(那覇市)によると、中国海警局船は19日午後、4隻が領海外側の接続水域を出た後、20日は周辺海域で確認されなかった。強い勢力に発達した台風6号の接近が影響したとみられる。21日午前8時半時点でも確認されていない。

 2012年9月の尖閣国有化以降、最長更新を続けてきた周辺海域での連続航行は19日の157日で途切れた。

 ただ、国連のアントニオ・グテーレス事務総長は15日、「平和をもたらすため、われわれも強さと連帯を示す必要がある」とのビデオ声明を発表した。翌16日からは、東京五輪・パラリンピック期間中の休戦を求めた「五輪休戦決議」の対象期間となっていた。

関連ニュース