記事詳細

五輪ウィーク突入も“前途多難”のコロナ対策 交通渋滞、南ア選手団感染、スタッフは強制性交の疑いで逮捕 (1/2ページ)

 東京五輪の開会式まであと4日に迫ったが、大会会場の内外では混乱が続いている。東京都で新型コロナウイルス緊急事態宣言が発令された中での開幕となるが、関係者が滞在する選手村からも初の陽性選手が出るなど大会のコロナ対策は前途多難だ。国立競技場での閉会式リハーサルでは刑事事件まで発生する事態となっている。

 東京や千葉県では19日から大会関係車両の「専用レーン」や「優先レーン」の運用が始まった。普通車が違反した場合、違反点数1点、反則金6000円。首都高速道路の「ロードプライシング」も導入された。午前6時~午後10時は自家用車に1000円上乗せする一方、午前0~4時は全ての車を半額にする。一般道が渋滞しそうだ。

 東京五輪・パラリンピック組織委員会は18日、国際オリンピック委員会(IOC)や五輪の関係者を招いた歓迎会を元赤坂の迎賓館で開き、橋本聖子会長やIOCのバッハ会長、菅義偉首相、小池百合子都知事ら約40人が出席した。飲食物は提供されず、席の間隔も取られ、1時間で終了という厳戒モードだったが、周辺には反対する人たちが集まった。

関連ニュース