記事詳細

【加賀孝英 スクープ最前線】習近平氏“失脚危機” 党創建100年祝賀の裏で脅えていた「暗殺計画」 麻生氏「日米の台湾防衛」発言には“絶句” (1/3ページ)

 沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海で12日朝、中国海警局の船2隻が10日の侵入以来、居座っているのを、海上保安庁の巡視船が確認した。領海侵入は今年に入って29日目。尖閣周辺で中国当局船が確認されたのは150日連続となる。習近平国家主席は1日、中国共産党創建100年を記念する演説で、「台湾統一」「闘争」「粉砕」など軍事的覇権拡大を宣言した。これに対し、麻生太郎副総理兼財務相は5日の講演で、「台湾有事」は「日本有事」に直結するため、日米による「台湾防衛」に言及した。新型コロナウイルスや東京五輪をめぐる菅義偉政権の混乱の陰で、東アジアの緊張は高まっている。ジャーナリストの加賀孝英氏による最新リポート。

 「報告を聞いて、習主席は驚き、『本当に麻生がそう言ったのか?』と何度も確認し、絶句したらしい。麻生発言は中国にすさまじい衝撃を与えている」

 外事警察幹部はそう語った。

 麻生氏は5日、都内で開かれたパーティーで、概略以下のように講演した。

 ●中国が台湾に侵攻した場合、(『日本の存立が脅かされ、国民の生命や自由が根底から覆される』という判断のもと、集団的自衛権行使が可能になる安全保障関連法上の)存立危機事態に認定することもあり得る。

 ●日米で台湾を防衛しなければならない。

 私(加賀)は、麻生氏に拍手を送りたい。

 これは日本政府の重要閣僚が初めて、敢然と、中国が「台湾侵攻」という暴挙を決行した場合、米軍と自衛隊が出動し、日米共同で台湾を防衛すると宣言したに等しい。歴史的快挙だ。

 台湾防衛は、中国が卑劣、厚顔無恥にも強奪を企てている、わが国固有の領土、尖閣諸島の防衛と一体だ。台湾や尖閣は、中国共産党政権による人権弾圧、覇権拡大と対抗する、民主・自由主義陣営の砦(とりで)でもある。

関連ニュース