記事詳細

小此木国家公安委員長が閣僚辞任 横浜市長選に異例の転出

 小此木八郎国家公安委員長(56)=自民、衆院神奈川3区=は25日午前、菅義偉首相と官邸で会い、閣僚の辞表を提出した。その後、記者会見する予定だ。横浜市長選(8月8日告示、同22日投開票)に立候補するためで、現職閣僚の市長選転出は異例。菅首相は東京五輪開幕を間近に控えているため、後任の人選を急ぐ。認証式は25日夕を予定している。

 菅首相にとって横浜市はお膝元であり、市長選は次期衆院選の前哨戦ともいえる。選挙戦では、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致の是非が主な争点になりそうだ。

 小此木氏は「反対方針」を掲げるとみられ、IRを主導してきた菅首相と主張が対立するかたちとなる。ただ、小此木氏は、父、彦三郎元通産相(故人)の秘書だった菅首相とは近い。

 「小此木氏の独走」なのか、「菅、小此木両氏の役割分担」なのか。2人の“本当の関係”が注目される。

関連ニュース