記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】東京五輪で訪日、文大統領の“悪だくみ” 反日イチャモンも…G7は東京五輪支持で焦り 日本のネット「韓国来なくていい」 (1/3ページ)

 東京五輪の開会式(7月23日)まで1カ月となった。英国での先進7カ国(G7)首脳会議でも開催に支持が得られたが、「反日」暴走を続ける文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国は違う。東京五輪・パラリンピック組織委員会のホームページの日本地図に島根県・竹島(韓国名・独島)が表示されているとして、韓国政府や国会議員は理不尽にも削除を求め、「五輪ボイコット」を主張する声まである。日本政府と組織委員会はまったく相手にしていないが、韓国側は傲慢な姿勢を続けている。ジャーナリストの室谷克実氏が、孤立する隣国に迫った。

 韓国の情報機関は、日本のネットを見ていないのだろうか、まさか…。それどころか、ネットへの「書き込み部隊」も運用している可能性が高い。ともかく、日本のネットを見ていれば、東京五輪に対する韓国の動きを伝えるニュースに付いた書き込みの絶対的多数が「韓国なんて来なくていい」であることが分かるはずだ。

 しかし、そうした報告は大統領府まで届けられていないのかもしれない。そうでもなければ、韓国の政権・与党の傲慢な対日姿勢は理解しがたい。

 文大統領の、東京五輪に対する姿勢は、まるで「方向感覚を失ったミズスマシ」のようだ。

 韓国政府が福島第1原発に由来する放射能に絡めて、東京五輪へのイチャモン付けを再開したのは2019年9月だった(=それまでは平昌五輪への余波を懸念したのか、政府レベルでは控えていた)。イチャモン再開が、大統領の指示によったことは韓国のマスコミが伝えている(朝鮮日報19年8月14日)。

関連ニュース