記事詳細

韓国・文政権、支持率20%台で“四面楚歌” 日本の処理水批判も学会から真逆の見解で反日政策は“空振り” 不動産政策の失敗に加えコロナ禍での会食にも批判噴出 (1/3ページ)

 任期が残り1年となった韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が四面楚歌(そか)状態となっている。支持率はついに20%台に突入、21日に決まったバイデン米大統領との首脳会談でも「親中・親北外交」が糾弾される可能性がある。国内では不動産政策の失敗に加えてコロナ禍での会食にも批判が噴出。福島第1原発の処理水放出で日本を猛批判しても自国の学会から真逆の見解が示され、「反日政策」も空振りに終わりそうだ。

 韓国の世論調査会社、韓国ギャラップは4月30日、文大統領の支持率が過去最低の29%だったと発表した。就任以来初の30%割れで、不支持率は60%にのぼった。支持しない理由で最も多かったのは「不動産政策」の28%で、住宅価格高騰への不満が噴出している。

 低迷する支持率を外交で挽回したいところだが、5月21日にホワイトハウスで行われるバイデン大統領との初の対面形式の首脳会談も文氏にはいばらの道だ。

 バイデン氏は施政方針演説で対中国の姿勢を鮮明にしており、4月の菅義偉首相との首脳会談後の共同声明でも台湾海峡について明記した。

 しかし、韓国大統領府は首脳会談決定に際して発表したコメントでも中国については言及しておらず、明らかな忖度(そんたく)がうかがえる。首脳会談では中国の顔色をうかがう文氏に踏み絵を迫る可能性も高い。

関連ニュース