記事詳細

変異株第4波…若年、中年層の重症化や死亡“急増” 識者「高齢者にさらに広がる前兆」 東京・大阪で新規感染者1000人超え (1/2ページ)

 新型コロナウイルスの新規感染者は大阪府に加え、東京都も1000人を突破した。心配なのは高齢者だけでなく基礎疾患のない若年層が重症化したり、中年層が死亡したりする例が増えていることだ。感染力の強い変異株の影響を指摘する専門家もいる。

 大阪では29日、1172人が感染し、40代~100歳以上の男女44人が死亡。新たに20代の男性1人を含む36人が重症となった。

 府内のコロナ死者に占める50代以下の割合は、昨年10月から今年2月の第3波では1・9%だったが、3月以降の第4波では8・0%と約4倍に急増している。

 東京では29日の新規感染者が1027人と約3カ月ぶりの水準に。20代の282人が最も多く、30代が197人、40代と50代も100人台だった。9人の死亡も確認され、うち50代と60代の女性1人ずつが変異株によるものだった。

関連ニュース