記事詳細

【歳川隆雄 永田町・霞が関インサイド】「親日国」ベトナムに“中国離れ”の予兆 新首相・チン氏の閣僚人事“親中”書記長後継への布石 (1/2ページ)

 ベトナムといえば、世界有数の「親日国」として知られる。何度か訪れた経験もあり、同国に文化的親和性があり、日本および日本人に高い信頼を抱いていることも承知している。

 人口約9700万人、平均年齢32・5歳、国内総生産(GDP)3406億ドル(約37兆円)、1人当たりGDP3498ドル(約38万円)、実質GDP成長率2・91%-。東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国の優等生である。

 昨年9月の政権発足後、菅義偉首相が最初に訪れたのはベトナムとインドネシアである(10月18~21日)。

 日越外交関係樹立45周年の2018年5月には、当時のクアン国家主席が国賓として来日した。その後も、フック首相(現国家主席)が19年6月の20カ国・地域(G20)大阪サミット、同10月の即位の礼出席で来日している。

 それ以前で言えば、安倍晋三前首相は公式訪問で2回、アジア太平洋経済協力(APEC)首脳会議出席で訪越、さらに17年2月には当時の天皇皇后両陛下が公式訪問されている。

 日越交流は政治、経済、文化面で加速的に進み、日本はベトナムにとって第2位の投資国であり、第4位の貿易相手国である。

関連ニュース