記事詳細

ワクチン注射器で“日韓戦”勃発 文大統領、接種回数「6回」と誇示 対する日本は「7回」、今月末に生産開始予定 (1/2ページ)

 新型コロナウイルスのワクチンをめぐって“日韓戦”が勃発している。米ファイザー製のワクチンについて、韓国が1つの容器から6回接種可能な注射器を誇示すれば、日本側は7回接種が可能な注射器を開発するなどしのぎを削っている。

 河野太郎行政改革担当相は11日、ファイザー製ワクチンを7回打てるインスリン用注射器について、「糖尿病患者のための注射器だ。国で調達してワクチンに使うことはしない」と表明した。医療機関に余剰分があれば、使用は妨げないとしている。

 宇治徳洲会病院(京都府宇治市)が、インスリン用注射器で7回打てると提唱したことを受けて、河野氏は9日、「こういう創意工夫はどんどんやっていただきたい」と前向きだった。

 河野氏は、鳥取県が5回接種の一般的な注射器でも使い方を工夫すれば6回接種が可能と発表したことに関しては「『神の手』のように、相当な技術が必要と聞いている」と指摘。慎重な判断が必要だとした。

関連ニュース