記事詳細

米国が「台湾の国連復帰」支持 中国は大反発「強い憤りと反対を表明」 識者「米は中国の締め上げる動き強める」 (2/2ページ)

 クラフト氏の発言をどうみるか。

 福井県立大学の島田洋一教授(国際政治)は「米中対立が深まるなかで、ドナルド・トランプ米大統領の意向を受けた発言だ。米国は、台湾に閣僚クラスを訪問させ、安全保障上でも最新鋭の武器売却を進め、対中外交で攻勢を強めている。『台湾の国連再加盟』は中国の共産党独裁体制が潰れない限り難しいのが現実だが、米国は今後も自由や民主主義といった価値観を共有する台湾への支援を強化し、中国を締め上げる動きを強めるのは確実だ」と語っている。

関連ニュース