記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】韓国・文政権「光復節」前に日本にすり寄るワケ 次なる“反日政策”の地ならしか…文大統領は白々しい発言も (3/3ページ)

 駐日韓国大使は「大統領からの特別な指示を受けたため」と称して、なかなか面会に応じてくれない日本政府要人をわたり歩き、ロビー工作をする作戦なのかもしれない。

 返礼電報の発表、大統領の「対日重視」発言、駐日韓国大使への「感謝伝達」指示をつなげてみれば、日本へのにじり寄りの姿勢と見ることができよう。

 しかし、文政権発足以来の対日政策の中で見れば、韓国がすり寄り姿勢を見せたときこそ要注意だ。独り相撲をして「日韓首脳間は友好的なムード」と勝手に規定し、「それなのに日本は」と、これまた勝手に怒り出し、反日の次の手を進めるのは文政権の得意技だからだ。

 不動産政策の失敗、与党圏と新権力層の相次ぐスキャンダルで八方塞がりのなか、日本に向かって何か言わざるを得ない光復節が刻一刻と近づいてくる。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。著書・共著に『悪韓論』(新潮新書)、『崩韓論』(飛鳥新社)、『韓国リスク』(産経新聞出版)など多数。

関連ニュース