記事詳細

籠池泰典被告に懲役5年 諄子被告に懲役3年、執行猶予5年 森友学園問題

 小学校建設などを巡り、国や大阪府、大阪市の補助金計約1億7千万円をだまし取ったとして詐欺などの罪に問われた学校法人「森友学園」の前理事長籠池泰典(本名・康博)被告(67)と妻諄子(本名・真美)被告(63)の判決で、大阪地裁(野口卓志裁判長)は19日、泰典被告に懲役5年、諄子被告に懲役3年、執行猶予5年を言い渡した。

 地裁は、府市から詐取した補助金が弁済されていないとする検察側主張に誤りがあるとする被告側の申し立てを受け、弁論を再開。弁護側によると、府市へ弁済が必要な分のうち計約90万円を支払い、学園の民事再生手続きで弁済計画も提出しており、論告求刑をやり直すべきだとした。検察側は同日改めて論告し、従前通り両被告にいずれも懲役7年を求刑した。両被告は「補助金詐取の共謀や故意はなかった」と無罪を主張している。

 公判で両被告側は「官邸の意向と忖度で財務省が動いた値引き疑惑から、国民の目をそらせるための逮捕だ」と主張。補助金申請や契約書の作成などは業者が主導したとしている。

 検察側は、両被告が業者に「多めにもろといて。国からぼったくって」などと指示し、詐欺を主導したと指摘した。

関連ニュース