エンゼルス大谷が「移籍示唆?」 「勝ちたい気持ち強い」試合後の談話が波紋呼ぶ 無理を利かせて二刀流を維持…メリットとデメリット - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

エンゼルス大谷が「移籍示唆?」 「勝ちたい気持ち強い」試合後の談話が波紋呼ぶ 無理を利かせて二刀流を維持…メリットとデメリット

 「もちろん(エンゼルスの)ファンは好きですし、雰囲気も好きです。ただ、それ以上に勝ちたいという気持ちが強い。プレーヤーとしてはその方が正しいのではないか」

 26日(日本時間27日)のマリナーズ戦で7回1失点、10奪三振の好投だったが打線の援護がなく、今季10勝目を手にすることができなかった大谷翔平投手(27)。試合後の談話が波紋を呼んでいる。

 大谷は2023年オフにフリーエージェント(FA)となると、年俸5000万ドル(55億円)の5年以上の巨額契約での争奪戦になるといわれている。その前にエンゼルスと再契約するかに注目が集まっている。

 ロサンゼルス・タイムズ紙は「エンゼルスとはまだ2年あるが、大谷は“勝ちたい”と思っていることをはっきりさせた」。CBSスポーツは「勝てるか、もしくは勝利を約束するものがあるかが、(契約延長の)意思決定の要因であることを大谷は強調した」。また「大谷はFAでエンゼルスを離れる可能性を示唆した」などと伝えた米スポーツブログもあった。

 戦力が整わず、低迷するエンゼルスに対する大谷の不満は大きいようだ。チームが7年連続でポストシーズン進出を逃したことについて尋ねられると、「(フラストレーションは)ありますね、やはり。もっと楽しいヒリヒリするような9月を過ごしたいし、クラブハウスの中もそういう会話であふれるような9月になるのを願っている」とした。

 今季のエンゼルスは、もう1人の主砲マイク・トラウト外野手が故障で離脱。投手陣の崩壊も深刻だったが補強はなかった。大谷は続けて率直な意見を語った。

 「シーズン中盤までは、主力が抜けた中、我慢強く(勝率)5割付近でがんばっていた方だと思う。しかし、主力が戻れず、モチベーションに関わってずるずるいった印象。このままでは勝てないんじゃないかと思います」

 ポストシーズン進出のチャンスがあったのに、それをみすみす逃したチーム方針に大谷がいらだっているのは明らかだ。「個人では周りを左右するのは難しい。(チーム編成は)フロントや首脳陣の分野でもあるので、僕は個人としてチームにどうやって貢献できるのかを考えたい」とまで言った。

 大谷の発言に先立って、チームの中心でもあるトラウトも球団の補強に不満を抱いていることを明かしている。「重大なオフになるだろう。チームには予算が十分にあるのだから、複数の才能ある選手を獲ってほしい」。大谷の発言は、トラウトの意見に同調した形だ。

 ジョー・マドン監督はフロントに対して、「今オフに2人の先発投手を獲得してほしい」と要望したことを明らかにしている。トラウトと大谷の意見も汲み取ってのことだろう。

 エンゼルスは資金力のあるチームではあるが、球界最高の大型契約である12年総額4億2650万ドル(470億円)のトラウトがいるだけでなく、アンソニー・レンドン内野手とも7年総額2億4500万ドル(約270億円)の長期大型契約を結んでおり、投手力の補強資金が確保できない編成になっている。さらに大谷と大型契約をしたら、投打のバランスを取るのは至難の業だ。

 ただ、戦力が不均衡なエンゼルスにいるからこそ、無理を利かせて二刀流を維持できるという観点も見逃せない。エンゼルスにいることにはメリットとデメリットがある。それでも勝てるチームで勝負したいというなら、それはプロ選手としてはまっとうな選択。ヤンキースあたりへ堂々と移籍すればいいのだ。

関連ニュース

アクセスランキング

×