【SPORTS BAR】大谷“ルースの魂”宿して投打月間MVPもある!? 受賞ならメジャー史上初の快挙 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

大谷“ルースの魂”宿して投打月間MVPもある!? 受賞ならメジャー史上初の快挙

 大リーグの公式ホームページにはエンゼルス・大谷翔平の話題が毎日のように掲載されている。22日(日本時間23日)はビッグ・ニュースがあった。タイガースのスーパースター“レジェンド”ミゲル・カブレラが通算500本塁打を記録。当然、トップはカブレラで特集も組まれていたが、大谷の記事もあった。

 『大谷がリトルリーグの聖地(ペンシルベニア州ウィリアムズポート)で行われた「リトルリーグ・クラシック」、先頭打者安打と19盗塁…』という見出し。1安打、1盗塁、2四球でも話題として取り上げる。もちろん映像付きである。

 そういえば、無安打に終わった先日は、大谷の故郷である岩手県奥州市の特集を組んでいた。いまやその一挙手一投足、すべてが注目されている。

 目下、40本塁打はメジャートップ。打点88は4位タイ、OPS(長打率+出塁率)は1・003は3位と打撃はMVP級の数字を残し、6、7月の「野手部門の月間MVP」を2カ月連続で受賞したが、8月は投手としての「月間MVP」の期待がかかっている。

 目下8勝1敗、防御率2・82だが、8月は3勝0敗。防御率1・80。前回(18日)のタイガース戦では自ら40号本塁打を放ち、8回90球の無四球で1失点、8奪三振…。大谷は「個人的にはまだまだリハビリの中というか、まだまだ体的には上にいけるんじゃないかと思っている」と余力を残す言葉。次回登板予定は25日(日本時間26日)のオリオールズ戦。勝って8月4勝なら、月間MVPも夢ではない。

 場所は、くしくもベーブ・ルースの生誕地・ボルティモアである。オリオールズの球場から歩いてほど近いところにルースの生家がある。今は博物館として保存されている。以前、訪ねた。当時のユニホーム、写真などが展示され、歴史を肌で感じた。家の内装は当時のままだと聞いた。“ルースの匂い”がそこにあった。

 稀代な力を魅せている大谷には“ルースの魂”が宿るかも…。「投打の月間MVP」となれば、もちろんメジャー史上初である。 (産経新聞特別記者・清水満)

関連ニュース

アクセスランキング

×