メキシコ代表、2選手がコロナ陽性 侍ジャパンと31日対戦 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

メキシコ代表、2選手がコロナ陽性 侍ジャパンと31日対戦

 東京五輪で野球日本代表と31日に1次リーグA組第2戦(横浜スタジアム)で対戦するメキシコ代表の2選手が、新型コロナウイルスのPCR検査で陽性と判明した。チームはメキシコ国内で調整中で、19日に検査結果が判明したという。

 メキシコ野球連盟などの発表によれば、陽性になったのはソリスとベラスケスの2投手。21日に日本に出発するチームへの帯同は絶望的だ。ソリスは2019年にDeNAでプレーしていたが、ハマスタでの凱旋登板のチャンスを逃した。

 対戦相手のコロナ禍に侍ジャパンの稲葉監督は20日、「自分のチームでもなる可能性はなきにしもあらずなので」と気を引き締め、「何が起こっても不思議ではない。メンバーが変わるということを含め準備はしている」と冷静に話した。

関連ニュース

アクセスランキング

×