【江尻良文の快説・怪説】侍ジャパン監督には「日本一監督経験者」の就任条件が必要不可欠 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

侍ジャパン監督には「日本一監督経験者」の就任条件が必要不可欠

 19日、侍ジャパンが仙台で強化合宿を開始。午前中に全体ミーティングが行われ、稲葉監督が改めて初の金メダル獲得を目指すことを強調した。

 2019年11月に開催された「プレミア12」で世界一に輝いた稲葉監督だが、国民的なプレッシャーのかかる五輪は全く別物だ。NPBで日本一監督どころか、監督そのものを経験していないだけに荷が重い感はある。

 日本代表監督にはNPB監督として日本一経験者を必須条件にしないと、金メダル獲得には無理があるのではないか。その位のランクの日本代表監督でないと、セ・パを代表する選手たちも、全幅の信頼を置けないのが本音。ファンも同様だろう。

 例えば「五輪をはじめ国際大会前年度の日本一監督が、侍ジャパン監督に就任する」と明文化すれば、就任する監督、選手たち、ファンも納得するはずだ。「日本シリーズで敗れた日本2位の監督」まで幅を広げても良い。

 侍ジャパン監督の条件として、「NPB監督として日本一監督経験者」の条件を付けられないのはなぜか。

 「辞退するケースがあるから」という声が球界OB、関係者から聞かれるが詭弁だ。「NPBの本音とすれば、大物監督だとお金がかかりすぎ、扱いも難しくなるからだろう」と、球界OBは核心を突く。

 ただ、ビッグイベントには、必ず大手のスポンサー企業を付けるNPBだけに、できないはずがない。

 大物監督に全権を与えるのも当然のことだ。そして、球史に残るような名監督、大監督は、異口同音にこう語る。

 「プレーするのは選手。勝てば、選手の力だ。監督で勝てる試合など限られている」と。

 これで初めて、日の丸を背負った選手たちが最大の力を発揮することができるのではないか。 (江尻良文)

関連ニュース

アクセスランキング

×