上白石萌音と10歳の浜辺美波を見出した2011年東宝シンデレラの慧眼 - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

上白石萌音と10歳の浜辺美波を見出した2011年東宝シンデレラの慧眼

 NHK朝ドラ『おかえりモネ』の物語は、10月29日の最終回に向けて佳境を迎えている。11月からは昭和から令和まで3つの時代でラジオ英語講座とともに歩んだ“3世代のヒロイン”の物語である『カムカムエヴリバディ』が放送開始。その初代ヒロイン・橘安子を演じるのが、女優の上白石萌音(23)だ。朝ドラだけでなくNHK大河ドラマ『青天を衝け』に出演しているほか、歌手としても活動中。9月25日には初のエッセイ本『いろいろ』(NHK出版)を発売するなど、まさに「旬」の女優である。

 上白石が芸能界デビューしたのは2011年。今年でちょうど芸歴10年になる。デビューのきっかけとなったのは、現在の所属事務所「東宝芸能」が実施する「東宝シンデレラオーディション」で4万4120人の中から「審査員特別賞」を受賞したことだった。

 1984年に東宝創立50周年記念イベントとして始まった「東宝シンデレラ」は、オスカープロモーションの「国民的美少女コンテスト」、ホリプロの「ホリプロスカウトキャラバン」とともに女優やアイドルの“3大オーディション”の1つとされ、3~6年に一度の頻度で不定期に開催されている。記念すべき第1回(1984年)は『科捜研の女』(テレビ朝日系)シリーズで知られる沢口靖子(56)がグランプリに輝き、斉藤由貴(55)がファイナリストとして芸能界デビュー。近年の出世株は第5回(2000年)グランプリで、“東宝芸能の顔”となった女優・長澤まさみ(34)だ。

 そんな長い歴史のなかでも上白石萌音を輩出した2011年の第7回大会は特に粒ぞろいだった。この大会で受賞したメンバーを見ていくと、グランプリに輝いたのは上白石萌音の2歳年下の妹・萌歌(21)、ドラマや映画に引っ張りだこの浜辺美波(21、ニュージェネレーション賞)、『JJ』専属モデルの山崎紘菜(27、審査員特別賞)など第一線で活躍するタレントばかりだ。

 アイドル・女優評論家の北川昌弘氏が解説する。

 「ひとつのオーディションで10年後に4人も大活躍、というケースは非常に珍しいです。かなりの豊作だったことは間違いありませんが、審査員や東宝芸能の審美眼も素晴らしかったと思います。上白石姉妹を揃って受賞させたこともそうですし、上白石萌歌と浜辺美波はこの時まだ10歳です。浜辺が受賞した『ネクストジェネレーション賞』というのはこの年、新たに創設された賞です。これは推測ですが、恐らく予想以上に良い素材が集まったことで“何の賞も与えないのはもったいない”と、急遽新設したのではないでしょうか。長澤まさみ以降、新たなスターがなかなか出てこなかった東宝芸能にとってはターニングポイントとなるオーディションだった」

 さらに、様々な巡り合わせがあって実現した大会だったと北川氏は続ける。

 「この年はオスカープロモーションの『国民的美少女コンテスト』も開催予定でしたが、3月に東日本大震災が起きたことで1年延期となりました。東宝シンデレラは毎回、1月初頭にグランプリを発表するのが慣例だったため、影響を受けずに大会を実施できた。もし開催時期があと2か月後ろにずれていたら、このオーディションも延期されていたでしょう。そうなれば同じメンバーが揃った保証はない。そうした意味でも“奇跡”と言えるかもしれません」

 芸能界を席巻する“次世代の長澤まさみ”たちの活躍から今後も目が離せない。

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング

×