記事詳細

【浅野まみこ 外食・コンビニ健康法】ロカボ糖質量7・8グラムの日常菓子 ファミリーマート「カリッと香ばしいアーモンドチョコレート」 (1/2ページ)

 秋になってくるとコンビニやスーパーで増えてくるお菓子がチョコレート類です。温度管理が大切なチョコレートは、涼しくなる秋から春までが「旬」というわけです。たくさんの種類があるチョコレートの誘惑に負けてしまいがちですが、チョコレートもご存じの通り、高カロリー、高糖質、さらに高脂質のものが多く、好きなだけ食べてしまえば、「秋の味覚」とともに冬に向けてメタボまっしぐらになりかねません。

 そこで、お菓子類は「スペシャル」と「日常」で買い分けることがおすすめです。「スペシャル」とは、月数回、思いっきり自分を甘やかすためのお菓子のこと。カロリーや糖質、栄養など気にせずにそのとき食べたいものを食べます。

 「日常」は日々の中でちょっとつまみたい、甘いもの欲求を満たすためのお菓子です。食べる頻度が高い分、カロリーや糖質量が低いものや、栄養が摂れるものなどを考慮し、体にプラスになるものを選択することがおすすめです。

 ファミリーマートの新しいプライベートブランド「ファミマル」が発表され、「おいしい、うれしい、あんしん」をテーマに「ファミリークオリティ」をコンセプトにした商品が展開されています。その中で、ロカボチョコシリーズの「アーモンドチョコレート」もコンセプトに合わせて『カリッと香ばしいアーモンドチョコレート』(税込198円で購入)にリニューアルされていました。

関連ニュース