記事詳細

【浅野まみこ 外食・コンビニ健康法】1回で炊く量としてちょうどいい! セブン-イレブン「もっちり仕立ての名匠のお米 つや姫ブレンド」 (1/2ページ)

 ここ2年ほどで、自炊を始めた人が増えてきているようです。今年3月に大塚食品が行ったアンケート(890人に調査)では新型コロナウイルス流行の前後を比較して、約45%が自炊を新たに始めたり、自炊の頻度が増えたと回答しています。

 自炊には「食費を安くできる」「健康的な食事ができる」「好きなものを食べられる」というメリットがあります。本格的な料理をしなくても、米飯を炊くだけでも十分そのメリットは受けられます。米飯は、炊飯器がなくても蓋付きの鍋があれば、簡単に炊くことができます。2合の米を炊く場合を例に紹介しましょう。

 (1)まず米を研ぎます。米の表面を磨くように洗うことでおいしく炊き上げることができます。研ぐのがめんどうな場合は、無洗米を選べば解決します。

 (2)次に浸水です。水に30分~1時間ほど浸しておきます。これもめんどうな場合には、研いだ米に熱湯を注ぎ入れ10分ほどおくだけで時短浸水ができます。

 (3)浸水後ざるなどで水を切った2合の米に対して、水は400~450ミリリットル入れます。蓋をして中火で加熱し、沸騰し始めたら、弱火にして10~15分。水分がなくなったら、火を止めて10分ほど蒸らせば完成です。

 炊きあがりの量は米飯4膳強、650~700グラムになります。小分けにラップをして冷凍庫に入れておけば、好きなときに電子レンジで温めて米飯を食べることができますし、安上がりです。

関連ニュース