記事詳細

【テストステロンを増やす↑堀江メソッド 筋トレ&生活習慣】「家庭」と「子供」でテストステロンが低下する!? 男性ホルモンだけあって、女性の存在から大きな影響を受ける (2/2ページ)

 テストステロンは狩猟本能をつかさどるホルモンです。一方、子育ては基本的に「巣」にこもって行うため、高いテストステロンは必要ありません。

 協力して子育てすることで夫婦には新しい絆が生まれますが、夫のバリバリした姿にほれて結婚した妻は、もしかしたら違和感を覚えるかもしれません。そんなときは、軽い運動やゴルフのようなスポーツを夫婦でやってみるといいかもしれません。 (一般社団法人1UP学会)

 【一般社団法人1UP学会】

 男性医療に関する最新医療技術や情報の啓発・広報活動を行う医療専門団体。テストステロン補充療法による専門外来を日比谷国際クリニック(東京都千代田区)で実施している。

 ■堀江メソッド

 いわゆるパワハラのようなことをしてくる上司のテストステロンは高い傾向にあります。そこで、イクメンの原理を利用して上司を骨抜きにする方法があります。

 パワハラ上司も、家庭に戻って子供や孫を抱きかかえるとテストステロンが下がっていきます。職場に苦手な上司がいたら、さりげなく子供や孫の話題などを振ってみましょう。家庭の話が進むつれて態度が丸くなっていくはずです。このような形でテストステロンを利用するのも高ストレスの現代社会を生き抜くコツです。

 ■監修・堀江重郎 順天堂大学大学院教授(泌尿器外科学)。東京大学医学部卒。日本抗加齢医学会と日本メンズヘルス医学会の理事長を兼務。日米の医師免許を持ち、がん治療から男性医療まで臨床経験も豊富。主著に『ホルモン力が人生を変える』(小学館)など。

【協力】日比谷国際クリニック(東京都千代田区)=http:∥www.hibiyakokusai.or.jp●(=証券用 /)

関連ニュース