記事詳細

【浅野まみこ 外食・コンビニ健康法】手軽に1日不足分の食物繊維を摂取! 「十六穀プリッツ」 (1/2ページ)

 毎日の食事の中で、すべての栄養素のバランスを考えながら、摂取するのは難しいことです。体調管理に必要な栄養素を把握し、その栄養素を多く含む食材を知ることが大切で、その栄養素が強化されている食品を知っていると実践しやすくなります。

 ごはんやパンなどの主食や、お菓子などで糖質摂取が多い場合は、糖質代謝に必要なビタミンB1を積極的に摂取する必要があります。

 骨を強くしたいなら、カルシウムだけでなく、タンパク質やビタミンDの摂取が必要になります。カルシウムは吸収しづらいミネラルで、吸収をサポートする栄養素を合わせることが大切だからです。

 筋肉を作りたいなら、タンパク質だけでなく、ビタミンB6、ビタミンDを摂取すると良いでしょう。免疫機能を改善したい場合にもビタミンDの摂取が重要です。

 ダイエットのときに有効なのが食物繊維です。食物繊維は2種類ありますが、不溶性の食物繊維を摂取することで、腸管に刺激を与え、便通を改善できます。水溶性食物繊維は、吸収を阻害する働きと、腸内環境を整える働きがあります。食物繊維は、吸収を緩やかにする働きがあるので、血糖値を改善したいときにもおすすめです。

関連ニュース