記事詳細

【松浦達也 肉道場入門!】生肉を心置きなく楽しめる 「焼肉酒場牛恋」渋谷店 (1/2ページ)

 ★絶品必食編

 肉食はいつも悩ましい。様々な焼き加減の魅力はもちろんだが、生肉となると「食べてもいい肉かどうか」という悩みもつきまとう。

 飲食店で生肉を出すには高いハードルが課されている。そもそも精肉店・問屋側が生肉として出荷できるような設備を調え、検査に出した肉のみが生食用の肉として出荷が可能になる。

 その上で、店側にも許可が必要だ。厨房に生肉専用の作業場を設けて、初めて生食できる肉を提供できることになるため、なかなか難しい。

 ところがごくまれに生食用の設備を調え、ユッケなどをメニューに載せている店がある。設備投資に資金もかかるので、たいていは超がつくような高級店。だが、東京で13日にオープンした「焼肉酒場 牛恋(うしこい)」の渋谷店は価格もグッと抑えられているにもかかわらず、肉刺しやユッケなど、堂々と生食用の肉が注文できる。

関連ニュース