記事詳細

【ドクター和のニッポン臨終図巻】医師・中村仁一 延命治療に疑問を投げかけた本の著者 まさに「有言実行の死」 (1/2ページ)

 『大往生したけりゃ医療とかかわるな「自然死」のすすめ』。夕刊フジ読者の中にも、読んだ人は多くいるのではないでしょうか。この本が発売された2012年、くしくも僕も、『平穏死10の条件』という本を上梓。これをきっかけに、行き過ぎた延命治療に疑問を投げかけた本が数多く出版され、議論が活発になりました。

 本書の著者である医師、中村仁一先生が6月5日に御自宅で亡くなっていたことを最近知りました。享年81。死因は、肺がんとの発表です。

 講演会などで何度も中村先生とご一緒し、会うたびにその考え方に深く共鳴をし、勝手に「兄貴」とお呼びしていました。それなのに、訃報を知らぬまま3カ月も過ぎていたことに、寂しさを禁じ得ません。

 今の僕は、コロナ対策に関し町医者として具体的な発言をするたび、病院の先生に叩かれているようですが、9年前は、「平穏死」と口にするたび、やはり病院の先生に叩かれていました。

 「末期がんの人を家に帰す? 管1本もなく穏やかに死ねるわけがないだろう」

 「死は敗北だ。最期まで治療をするのが医師の使命だ」

 「死ぬ当日まで食べて笑える? そんな人は見たことがない」等々。そんな中、中村先生だけは僕の言っていることが正しいと味方をしてくれたのです。

 「高齢者のがんは、何も処置しなければ痛まない。だから僕は、最期まで何もしませんよ」と。

関連ニュース