記事詳細

【中原英臣 あの医療情報ウソ?ホント!】血糖値の上昇表すGI 値食生活で病気リスクを低減 (1/2ページ)

 かつては炭水化物と呼ばれていた三大栄養素の一つである糖質にはいろいろな種類があります。糖質は私たちが活動するためのエネルギー源となる栄養素ででんぷん、アルコール、オリゴ糖などがありますが、もっとも重要な糖質はブドウ糖です。

 私たちは血液中のブドウ糖をエネルギー源として生きているので、血液中のブドウ糖の濃度である血糖値を一定に維持する必要があります。血糖値を一定の範囲に維持するためホルモンがインスリンです。

 インスリンは膵臓(すいぞう)から分泌されるホルモンで、血糖を一定の範囲におさめる働きをしています。このインスリンが十分に働かないと、血液中を流れるブドウ糖の濃度が異常に増加した状態が続き、最悪の場合、2型の糖尿病になります。

 ブドウ糖はカロリー源となるだけではなく、食事をとった直後の血糖値を急上昇させます。この食後の食品ごとの血糖値の上昇度合いを表現する数値として「GI(グライセミック・インデックス)」というものがあります。

関連ニュース