記事詳細

【BOOK】「ペットと共生」啓発、究極的には幸せ創造 越村義雄さん『人とペットの赤い糸 人もペットも幸せになれる72のヒント』 (3/3ページ)

 --今後は

 「基本は人とペットのよりよい関係が長く続いてほしいと願っています。まだ体験したことがない人にとって、本書がペットと一緒に暮らすきっかけになればいいという思いもあります。日本も少しずつですが、人とペットの共生社会に近づいているのではないでしょうか」

 --前進しているということか

 「前進はしているので、さらに推進させたいですね。ドイツやオーストラリアにはペットと暮らすことで医療費が削減できたというデータもあります。医療費削減を目指す政府に提言していきたいですね。私は今年73歳で男性の健康寿命のボーダーラインですが、健康でいられるのはペットと暮らしているからかもしれません」

 ■学研プラス1650円・税込

 人とペットの暮らしを、もっと楽しく・幸せに-。外資系ペットフード会社の社長やペットフード協会の会長を務めるなど、長年ペット業界の最前線で活動してきた越村さんだからこそ分かるペットを飼う上で知っておきたいこと。本紙連載コラムを加筆・最新データにし、人とペットが幸せに暮らすためのヒントを詰め込んだ。読めばペットがもっと好きになる。

 ■越村義雄(こしむら・よしお) 新潟県出身。NTT系列のコンサルティング会社に従事した後、1978年6月に日本コルゲート・パルモリーブ(現在は日本ヒルズ・コルゲート)に入社。2009年5月にペットフード協会とペットフード公正取引協議会の両会長に就任し、資格試験制度の確立、日本最大のペットの展示会「インターペット」をメッセフランクフルトジャパンとともに立ち上げた。

 現在は人とペットの幸せ創造協会会長、ペットフード協会名誉会長、ワールド・ヘルスケア代表取締役会長、国際ビジネスコンサルティング代表取締役社長などを務めている。夢はワンヘルス(人と健康、動物の健康、環境保全)の世界初の街づくりの具現化で、現在そのプロジェクトに携わっている。

関連ニュース