記事詳細

【BOOK】「ペットと共生」啓発、究極的には幸せ創造 越村義雄さん『人とペットの赤い糸 人もペットも幸せになれる72のヒント』 (1/3ページ)

 40年以上にわたってペット業界の第一線で活動している越村義雄さん。2017年10月から2年4カ月にわたって本紙で連載した『人とペットの赤い糸』を1冊にまとめ、上梓した。 文・磯西賢 撮影・酒巻俊介

 --本紙連載から72のトピックスを選んだ

 「2年4カ月の連載は私にとって貴重な体験でした。世の中でペットの記事というとペットショップをめぐる問題や『殺処分ゼロ運動』などが大半。もちろんそれも大事なことですが、昔からの人と動物が生活してきた歴史を踏まえ、ペットが健康面や教育面でもたらす効用を発信していきたいという思いで続けた連載でした」

 --連載時も同書でも、ペットと共生する意義を強調している

 「日本で65歳以上の高齢者が人口に占める割合は28%を超えています。これからも高齢化が進む中で、高齢者のQOL(生活の質)を高めていく意味でペットの存在というものは非常に大きいと思います。実際、高齢者住宅にペットを寄贈したときには皆さんが笑顔になり、大きな反響がありました。国内だけでなく海外の施設も多く見てきましたので、そういった体験も紹介しています」

 --内容は動物の飼い方や災害対策、癒やし効果など多岐に渡る

 「ペット産業とは教育産業であり健康産業であり、コミュニケーションの潤滑油となる平和産業でもあるのです。コロナ禍である現在では癒やし産業ともいえるでしょう。究極的には幸せ創造産業と言っても過言ではありません」

 --コロナ禍でのペット需要は

 「2020年に新たに人と暮らし始めた犬は前年比14%増の46万2000頭、猫は前年比16%増の48万3000頭で、過去5年間で最も高い伸び率でした。しかし、失業などによりペットを捨てるケースも増えていて、残念ながら全体的な頭数としては減っているのが現状です」

関連ニュース