記事詳細

【浅野まみこ 外食・コンビニ健康法】夏の疲労回復にピッタリの栄養バランス! 「ごちむすび 大きな鮭はらみ」 (1/2ページ)

 だんだんと暑さが和らいできた気がしますね。しかし、ここで気を抜いてはいけません。夏バテの危険性はまだまだ続きますし、疲れがたまってきている時期でもあるはずです。

 夏バテの原因として、食生活が糖質(炭水化物)に偏ってしまうということがあります。暑くて、食欲がないとなると、頼りがちなのが麺類です。

 そうめんをはじめ、うどん、そば、ラーメン、できれば冷たくしたものを、ツルツルっと喉越しを感じながら、胃袋を満たしたくなるものです。喉越しを大切にする感覚は、とても風流だと思う半面、それだけでは、疲労はたまる一方です。

 以前も書いた通り、糖質代謝にはビタミンB1が必要ですが、ビタミンB1が多く含まれるのは、肉や魚、卵、大豆製品などです。食事が麺類だけに偏っていると、ビタミンB1をはじめ、必要なビタミン、ミネラルが不足するほか、カラダを温め、構成するタンパク質も不足します。

 栄養バランスが崩れることで、疲れが取れないといった症状や、冷房などで体温調整がしにくくなる、免疫機能の調整作用も落ちるなど、体調を崩す要因が増えてしまいます。喉越しだけではなく、夏も「噛みごたえ」が大切です。

 ファミリーマートで、具材にこだわったおにぎりが発売されていました。『ごちむすび 大きな鮭はらみ』(税込198円で購入)です。昨年10月から発売され定番となっている「鮭はらみ」「いくら醤油漬け」のほかには、「とろさば」「鯛めし」などの具材があります。

関連ニュース