記事詳細

【教えて!愛先生の食薬習慣】「睡眠負債」を解消! 体内時計を整えるために魚介類を取り入れる (1/3ページ)

 新型コロナウイルスが流行してから生活リズムが変わった人は多いと思います。在宅で仕事をする日が増え、出張が減り、外食する機会が減ったという方も多いでしょう。その結果、家で過ごす時間が増えますよね。

 在宅時間の自己管理が大切になってきますが、なかなか予定通りに進まない。やろうと思ったことが終わらず深夜になってしまったり、睡眠時間を削ってでものんびりして動画を見てしまったりと、つい自分に甘えがちです。

 ここで突然ですが、最近、朝起きたとき「疲れたなあ」と感じることはありませんか?

 本来、睡眠で体を休めているので朝イチに疲れは感じなさそうに思いますよね。この「疲れたなあ」と感じる状態は、睡眠の時間や質が悪い状態が積み重なった「睡眠負債」かもしれません。

 放置すると、日常生活のパフォーマンスが低下し、自律神経の乱れや、免疫力の低下を誘発します。そして、高血圧、糖尿病、心臓病、がんなどの疾患につながることもあるのです。

 一方で、外食や接待などが減った分、朝型の生活スタイルにシフトできた人もいます。早寝早起きになり、朝に仕事や運動をするようになったという声も聞きます。あなたはどちらでしょうか?

関連ニュース