記事詳細

【グルメ東西自慢】厳選一夜干しを昼夜楽しむ 東京・人形町「人形町 寅次郎」 焼き肉と白米で心満たす 大阪・本町「肉めし あらさこ」 (2/2ページ)

 最寄り駅は大阪メトロ各線本町駅。空腹をがっつりと満たしたいときにうってつけの店がオープンした。

 提供するのはオリジナル料理の「肉めし」。焼き肉風のタレに絡めた牛肉や鶏肉が、たっぷり乗った丼だ。ハラミとカルビの合い盛りの「あらさこ丼」(写真、1200円=税込、以下同)をはじめ、「炙りはらみ丼」(950円)、「炙りかるび丼」(850円)、「炙りせせり丼」(800円)の4種がスタンバイ。

 遠赤外線で網焼きした柔らかい肉が濃いめのタレに絡まり、食欲をかき立てる。タレは普通、ピリ辛の辛口、ニンニク抜きの甘口から選択可。まずはタレと白米のハーモニーを、半分ほど味わったら、付け合わせのタレ卵をかけて味の変化を楽しもう。

 白米は滋賀県産の「きぬむすめ」を使用。タレとの相性を試行錯誤した結果、一番相性が良かったという。普通盛りでご飯が約250グラムとボリューム満点なうえに、ご飯の大盛り無料なのがうれしい。

 「昔から焼き肉が好きで、焼き肉と白米をサクッと食べられる店にしたかった」と店主の新井悠悟(ゆうご)さんが話す通り、店内はカウンターのみで、男女問わずお一人さまの来店が多い。

 仕事中のランチや、一日頑張った夕飯など、活力をつけたいときに足が赴く一軒になるだろう。

 ■大阪市中央区本町4の8の6。06・4400・3618。11~21、日休。

関連ニュース