記事詳細

【青島美幸のスーダラクッキング】硬めに炒めるのがコツ! 「ホワイトアスパラガス」 (2/2ページ)

 私がホームに着くとなおも感じるその視線。私の周りを大きく2周もするので

 「なんだろう」とそぉっと見ると「ゲッ、さっき荷物を持ってあげようとしていた女性」。その方がどうしても私に何か言いたそうな様子。

 ま、そういうことはよくあることで、決まって「青島さんですよね?」「この頃テレビに出ませんね? 出てくださいよ、私はね、お父さんの青島幸男さんの大ファンだったんです」っていわれるのがパターン。

 そう言う話をするのも私の役目のひとつと思い、目で合図する彼女に「はい?」と答えると「あっ、いいですかぁ? ごめんなさい。あなたの履いてらっしゃる靴はどこでお求めになったものなんですか?」

 「へっ? くッ・くつッ?」 (水曜日掲載)

 サッと炒めますが、あまりにも早いとカッチカチです。バターを添えるとトウモロコシのような味わいですよね。

 ■材料

 ホワイトアスパラガス 1束

 塩 少々

 コショウ 少々

 オリーブオイル 大さじ1

 ■作り方

 (1)ホワイトアスパラを良く洗います

 (2)根本をピーラーでそぎ落とします

 (3)フライパンに入る大きさに切ります

 (4)オリーブオイルを引いて炒めます

 (5)塩コショウをしたら出来上がり

 ■青島美幸(あおしま・みゆき) 作家。1959年生まれ。『青島家の食卓』(グラフ社)ほか著書多数。放送作家、講演、タレント活動など幅広い。父は参院議員、都知事を歴任、「スーダラ節」など数々の作詞を手がけた直木賞作家の青島幸男氏

関連ニュース