記事詳細

【青島美幸のスーダラクッキング】軸の部分が一番おいしい! 「えのきステーキ」 (1/2ページ)

 みなさん、いかがお過ごしですか? 青島美幸です。

 今回の一品は「えのきステーキ」。

 私のお友達から聞いたお料理です。

 今まで捨ててしまっていたえのきの軸の部分を焼きました。

 題して「脱廃棄えのきオイル焼き」

 えのきは購入した時点で袋に「このラインから下は捨ててください」といった点線のような印がありますよね。

 私なんぞは指示されるまま、バカ正直にそのラインの上の部分だけを具材としていただいてきました。

 ところが、その捨てていたところが一番おいしいというじゃありませんか、ビックリしました。

 先日私の友人が唐突に「ミーちゃんえのきの軸ってどうしてる?」と聞いてくるので「もちろん捨ててるよ」というと、私の友人は待ってましたと言わんばかりのタイミングで「でしょう? それがその捨ててる部分がすっごくおいしいの」と語りモードにスイッチを入れてきたのです。

 「ああ、いつももったいないなって思いながら捨ててた」と私が言うと「でしょう? でしょう? 私もそうだったんだけど、その軸を一センチぐらいの幅で切ってそのままフライパンに乗せて、オイルでゆっくり焼きあげるとカリカリになって、そこにお醤油をかけて食べたら、なんとこれがステーキみたいなの。すっごくおいしいの。これは絶対おすすめだからやってみて」とすんごい鼻息で説明してくれたのです。

関連ニュース